まるごとリフォーム新改築
ハレル家

ホーム住まいのメンテナンススケジュール

住まいのお手入れ

リフォームには、適切な時期がございます

正しい使い方で快適な生活を。こまめなお手入れでマイホームを守りましょう!

住まいのメンテナンススケジュール

お住まいの住宅の築年数によってメンテナンスが異なります

下記スライダーから、お住まいの住宅の築年数を選び、クリックして下さい。
望ましいメンテナンス箇所が、家の部位別に表示されます。

カレンダー

築5年~10年のお住まいの
メンテナンススケジュール

排水トラップの掃除は、1週間に1回行いましょう。
レンジフードフィルターの掃除は、1ヶ月に1回行いましょう。
コンロやグリルの清掃は使用の都度行いましょう。
浄水器等のカートリッジは定期的に交換しましょう。(タイプにより交換時期は異なりますが、早めの交換をおすすめします)

お風呂

お風呂

築5年~10年のお風呂は…

シーリング材・ドアの点検・補修、換気扇の点検・部品交換を行いましょう!

機器本体の点検・交換を行いましょう!

点検・見積り無料!詳しくはお問い合せ下さい >

ご自分でできるお風呂のお手入れ
クリックで開きます プラスアイコンクリックで閉じます マイナスアイコン
使用後の換気・乾燥は十分に行いましょう。(換気扇の運転は、8時間位が目安です)
カビは気付いた時にすぐに取り除きましょう。
排水口のゴミ除去は使用の都度行いましょう。
風呂フタの乾燥は十分に行いましょう。
排水トラップや点検口は取り外さないでください。(漏水の危険性があります)
シーリング材が切れると漏水の危険性があります。定期的にチェックしましょう。

トイレ

トイレ

築5年のトイレは…

便器・タンクの点検・部品交換、温水洗浄便座の部品点検・交換を行いましょう!

築10年のトイレは…

便器・タンクの点検・部品交換、温水洗浄便座の本体点検・交換を行いましょう!

トイレリフォームについて >

ご自分でできるトイレのお手入れ
クリックで開きます プラスアイコンクリックで閉じます マイナスアイコン
便座・タンク
室内の換気は十分に行いましょう。(結露の予防)
室内の掃除はこまめに行いましょう。(小水飛散・床壁変色の予防)の危険性があります。定期的にチェックしましょう。
温水洗浄便座
お掃除は中性洗剤を使いましょう。(樹脂部変色・割れ防止)
ストレーナーの掃除はこまめに。(水量不足の予防)

洗面化粧台

洗面化粧台

築5年の洗面化粧台は…

キャビネットの部品点検・交換を行いましょう!

築10年の洗面化粧台は…

本体の点検・交換を行いましょう!

洗面化粧台リフォームについて >

ご自分でできる洗面化粧台のお手入れ
クリックで開きます プラスアイコンクリックで閉じます マイナスアイコン
排水口トラップの掃除は、1週間に1回行いましょう。
いきなり熱湯を出したり、重量物・化粧ビンやとがった物等を落とすと、洗面ボウルが割れる事があります。
クレンザー、磨き粉などは使用しないで下さい。(キズ防止)
もり止めは、こまめに消しましょう。(鏡が痛みます)

給湯器

給湯器

築5年の給湯器は…

本体・各機器の部品点検・交換を行いましょう!

築10年の給湯器は…

機器本体の点検・交換を行いましょう!

給湯器リフォームについて >

ご自分でできる給湯器のお手入れ
クリックで開きます プラスアイコンクリックで閉じます マイナスアイコン
給湯器本体やリモコンの汚れは、水に濡らした布を固く絞り汚れを軽く拭いてください。台所用のリモコン内部には電子部品が入っていますので、水がかからないように注意。
給水水抜き栓の「ストーレーナー」を月に1回程度は取り出して付着したゴミを取り除いてください。(ゴミ等が付着するとお湯の出る量が少なくなることがあります。必ず給水元栓を閉めてから行ってください)
追い焚き式給湯器の場合は、浴槽内にある循環口キャップフィルター部のゴミを取り除いてください。(1週間に1度)

給排水器具

給排水器具

築5年の給排水器具は…

本体・各機器の部品点検・交換を行いましょう!

築10年の給排水器具は…

本体の点検・交換を行いましょう!

点検・見積り無料!詳しくはお問い合せ下さい >

ご自分でできる給排水器具のお手入れ
クリックで開きます プラスアイコンクリックで閉じます マイナスアイコン
混合水栓
金属メッキ部のサビ等防止のため、カーワックスを塗りましょう。(樹脂の部分は除く)
クレンザー、磨き粉などは使用しないで下さい。(キズ防止)
サーモタイプはパッキンの固着防止のため、夏場も月1回最高温度設定で2分間お湯を出してください。その後、湯温設定ハンドルを必ず元の位置に戻してください。

築15年のお住まいの
メンテナンススケジュール

キッチン

システムキッチン

築15年のキッチンは…

本体・各機器の部品点検・交換を行いましょう!

キッチンリフォームについて >

ご自分でできるキッチンのお手入れ
クリックで開きます プラスアイコンクリックで閉じます マイナスアイコン
排水トラップの掃除は、1週間に1回行いましょう。
レンジフードフィルターの掃除は、1ヶ月に1回行いましょう。
コンロやグリルの清掃は使用の都度行いましょう。
浄水器等のカートリッジは定期的に交換しましょう。(タイプにより交換時期は異なりますが、早めの交換をおすすめします)

お風呂

お風呂

築15年のお風呂は…

ユニット本体の点検・交換を行いましょう!

お風呂リフォームについて >

ご自分でできるお風呂のお手入れ
クリックで開きます プラスアイコンクリックで閉じます マイナスアイコン
使用後の換気・乾燥は十分に行いましょう。(換気扇の運転は、8時間位が目安です)
カビは気付いた時にすぐに取り除きましょう。
排水口のゴミ除去は使用の都度行いましょう。
風呂フタの乾燥は十分に行いましょう。
排水トラップや点検口は取り外さないでください。(漏水の危険性があります)
シーリング材が切れると漏水の危険性があります。定期的にチェックしましょう。

トイレ

トイレ

築15年のトイレは…

便器・タンクの点検・部品交換、温水洗浄便座の部品点検・交換を行いましょう!

トイレリフォームについて >

ご自分でできるトイレのお手入れ
クリックで開きます プラスアイコンクリックで閉じます マイナスアイコン
便座・タンク
室内の換気は十分に行いましょう。(結露の予防)
室内の掃除はこまめに行いましょう。(小水飛散・床壁変色の予防)の危険性があります。定期的にチェックしましょう。
温水洗浄便座
お掃除は中性洗剤を使いましょう。(樹脂部変色・割れ防止)
ストレーナーの掃除はこまめに。(水量不足の予防)

洗面化粧台

洗面化粧台

築15年の洗面化粧台は…

キャビネットの部品点検・交換を行いましょう!

洗面化粧台リフォームについて >

ご自分でできる洗面化粧台のお手入れ
クリックで開きます プラスアイコンクリックで閉じます マイナスアイコン
排水口トラップの掃除は、1週間に1回行いましょう。
いきなり熱湯を出したり、重量物・化粧ビンやとがった物等を落とすと、洗面ボウルが割れる事があります。
クレンザー、磨き粉などは使用しないで下さい。(キズ防止)
くもり止めは、こまめに消しましょう。(鏡が痛みます)

給湯器

給湯器

築15年の給湯器は…

点検・部品交換を行いましょう!

給湯器リフォームについて >

ご自分でできる給湯器のお手入れ
クリックで開きます プラスアイコンクリックで閉じます マイナスアイコン
給湯器本体やリモコンの汚れは、水に濡らした布を固く絞り汚れを軽く拭いてください。台所用のリモコン内部には電子部品が入っていますので、水がかからないように注意。
給水水抜き栓の「ストーレーナー」を月に1回程度は取り出して付着したゴミを取り除いてください。(ゴミ等が付着するとお湯の出る量が少なくなることがあります。必ず給水元栓を閉めてから行ってください)
追い焚き式給湯器の場合は、浴槽内にある循環口キャップフィルター部のゴミを取り除いてください。(1週間に1度)

混合水栓
金属メッキ部のサビ等防止のため、カーワックスを塗りましょう。(樹脂の部分は除く)
クレンザー、磨き粉などは使用しないで下さい。(キズ防止)
サーモタイプはパッキンの固着防止のため、夏場も月1回最高温度設定で2分間お湯を出してください。その後、湯温設定ハンドルを必ず元の位置に戻してください。

外部

外部

築15年の外部は…

ドア金物作動点検・クローザー交換、アルミサッシ作動点検を行いましょう!

エクステリアリフォームについて >

ご自分でできる外部のお手入れ
クリックで開きます プラスアイコンクリックで閉じます マイナスアイコン
玄関ドア・勝手口ドア
ドア表面の汚れは1ヶ月に1回掃除しましょう。扉の閉まり速度、音、こすれ等は3ヶ月に1回点検・調整しましょう。クローザーが油漏れしてきたら交換時期です。
アルミサッシ・雨戸・シャッター・電動シャッター
レールにたまった砂やホコリは、サッシブラシなどでかき出しながら、1ヶ月に1回掃除機で吸い込みましょう。サッシ・雨戸の開け閉めと鍵のかかり具合は、3ヶ月に1回点検・調整をし、開閉が重くなったら、戸車にシリコンスプレーを塗布しましょう。

室内全般

室内全般

築15年の室内は…

クロス貼り替え、室内ドア作動点検、フローリング部分補修、畳の表替えを行いましょう!

内装リフォームについて >

ご自分でできる室内のお手入れ
クリックで開きます プラスアイコンクリックで閉じます マイナスアイコン
クロス
剥がれがあればクロス用ノリを充填し、補修を行ってください。
室内ドア
5年ごとに蝶番の緩み、可動部のシリコンスプレー塗布・建付調整を行ってください。
フローリング
日常はカラ拭き、3~6ヶ月毎にワックス掛けを行いましょう。
ダニカビ防止のため、通気を行いましょう。

白アリは湿気を好むので、換気口の前には物を置かず床下の通気を確保しましょう。

築20年のお住まいの
メンテナンススケジュール

キッチン

システムキッチン

築20年のキッチンは…

本体の交換を行いましょう!

キッチンリフォームについて >

ご自分でできるキッチンのお手入れ
クリックで開きます プラスアイコンクリックで閉じます マイナスアイコン
排水トラップの掃除は、1週間に1回行いましょう。
レンジフードフィルターの掃除は、1ヶ月に1回行いましょう。
コンロやグリルの清掃は使用の都度行いましょう。
浄水器等のカートリッジは定期的に交換しましょう。(タイプにより交換時期は異なりますが、早めの交換をおすすめします)

お風呂

お風呂

築20年のお風呂は…

シーリング材・ドアの点検・補修、換気扇の点検・部品交換を行いましょう!

お風呂リフォームについて >

ご自分でできるお風呂のお手入れ
クリックで開きます プラスアイコンクリックで閉じます マイナスアイコン
使用後の換気・乾燥は十分に行いましょう。(換気扇の運転は、8時間位が目安です)
カビは気付いた時にすぐに取り除きましょう。
排水口のゴミ除去は使用の都度行いましょう。
風呂フタの乾燥は十分に行いましょう。
排水トラップや点検口は取り外さないでください。(漏水の危険性があります)
シーリング材が切れると漏水の危険性があります。定期的にチェックしましょう。

トイレ

トイレ

築20年のトイレは…

本体点検・交換を行いましょう!

トイレリフォームについて >

ご自分でできるトイレのお手入れ
クリックで開きます プラスアイコンクリックで閉じます マイナスアイコン
便座・タンク
室内の換気は十分に行いましょう。(結露の予防)
室内の掃除はこまめに行いましょう。(小水飛散・床壁変色の予防)の危険性があります。定期的にチェックしましょう。
温水洗浄便座
お掃除は中性洗剤を使いましょう。(樹脂部変色・割れ防止)
ストレーナーの掃除はこまめに。(水量不足の予防)

洗面化粧台

洗面化粧台

築20年の洗面化粧台は…

本体の部品点検・交換を行いましょう!

洗面化粧台リフォームについて >

ご自分でできる洗面化粧台のお手入れ
クリックで開きます プラスアイコンクリックで閉じます マイナスアイコン
排水口トラップの掃除は、1週間に1回行いましょう。
いきなり熱湯を出したり、重量物・化粧ビンやとがった物等を落とすと、洗面ボウルが割れる事があります。
クレンザー、磨き粉などは使用しないで下さい。(キズ防止)
くもり止めは、こまめに消しましょう。(鏡が痛みます)

給湯器

給湯器

築20年の給湯器は…

本体の点検・交換を行いましょう!

給湯器リフォームについて >

ご自分でできる給湯器のお手入れ
クリックで開きます プラスアイコンクリックで閉じます マイナスアイコン
給湯器本体やリモコンの汚れは、水に濡らした布を固く絞り汚れを軽く拭いてください。台所用のリモコン内部には電子部品が入っていますので、水がかからないように注意。
給水水抜き栓の「ストーレーナー」を月に1回程度は取り出して付着したゴミを取り除いてください。(ゴミ等が付着するとお湯の出る量が少なくなることがあります。必ず給水元栓を閉めてから行ってください)
追い焚き式給湯器の場合は、浴槽内にある循環口キャップフィルター部のゴミを取り除いてください。(1週間に1度)

混合水栓
金属メッキ部のサビ等防止のため、カーワックスを塗りましょう。(樹脂の部分は除く)
クレンザー、磨き粉などは使用しないで下さい。(キズ防止)
サーモタイプはパッキンの固着防止のため、夏場も月1回最高温度設定で2分間お湯を出してください。その後、湯温設定ハンドルを必ず元の位置に戻してください。

屋根

屋根

築20年の屋根は…

屋根材(彩色セメント板)表面塗装、プラスチック製雨樋交換を行いましょう!

屋根リフォームについて >

ご自分でできる屋根のお手入れ
クリックで開きます プラスアイコンクリックで閉じます マイナスアイコン
屋根に上ると危険なので、少し離れた場所から自分の目で見て確認しましょう。
飛来物でキズがついていないか?
サビていないか?
瓦屋根の場合、瓦が飛んだり、割れたりしているところはないか?

外壁

外壁

築20年の外壁は…

外装材(窯業系サイディング)は、表面塗装を行いましょう!
目地(コーキング含む)は、打ち替えを行いましょう!

外壁リフォームについて >

ご自分でできる外壁のお手入れ
クリックで開きます プラスアイコンクリックで閉じます マイナスアイコン
外装材(窯業系サイディング)
外壁の汚れの主な原因はホコリ。年に1回は柔らかいブラシなどで水洗いして、美しい外壁を長く保ちましょう。
目地(コーキング含む)
シール目地は、カギ先などを押しつけて切れていないかチェック。年に1回程度の点検で十分です。

外部

外部

築20年の外部は…

ドア金物作動点検・クローザー交換、アルミサッシは作動点検、戸車・クレセント交換、シャッターは作動点検・モーター交換を行いましょう!

エクステリアリフォームについて >

ご自分でできる外部のお手入れ
クリックで開きます プラスアイコンクリックで閉じます マイナスアイコン
玄関ドア・勝手口ドア
ドア表面の汚れは1ヶ月に1回掃除しましょう。扉の閉まり速度、音、こすれ等は3ヶ月に1回点検・調整しましょう。クローザーが油漏れしてきたら交換時期です。
アルミサッシ・雨戸・シャッター・電動シャッター
レールにたまった砂やホコリは、サッシブラシなどでかき出しながら、1ヶ月に1回掃除機で吸い込みましょう。サッシ・雨戸の開け閉めと鍵のかかり具合は、3ヶ月に1回点検・調整をし、開閉が重くなったら、戸車にシリコンスプレーを塗布しましょう。

室内全般

室内全般

築20年の室内は…

クロス貼り替え、室内ドア作動点検、フローリング部分補修、畳の表替えを行いましょう!

内装リフォームについて >

ご自分でできる室内のお手入れ
クリックで開きます プラスアイコンクリックで閉じます マイナスアイコン
クロス
剥がれがあればクロス用ノリを充填し、補修を行ってください。
室内ドア
5年ごとに蝶番の緩み、可動部のシリコンスプレー塗布・建付調整を行ってください。
フローリング
日常はカラ拭き。3~6ヶ月毎にワックス掛けを行いましょう。
ダニカビ防止のため、通気を行いましょう。

白アリは湿気を好むので、換気口の前には物を置かず床下の通気を確保しましょう。

築25年~30年のお住まいの
メンテナンススケジュール

屋根

屋根

築25~30年の屋根は…

屋根材(彩色セメント板)は葺き替えを行いまし

屋根リフォームについて >

ご自分でできる屋根のお手入れ
クリックで開きます プラスアイコンクリックで閉じます マイナスアイコン
屋根に上ると危険なので、少し離れた場所から自分の目で見て確認しましょう。
飛来物でキズがついていないか?
サビていないか?
瓦屋根の場合、瓦が飛んだり、割れたりしているところはないか?

外壁

外壁

築25~30年の外壁は…

外装材(窯業系サイディング)は、張り替え、増し張りを行いましょう!
目地(コーキング含む)は、打ち替えを行いましょう!

外壁リフォームについて >

ご自分でできる外壁のお手入れ
クリックで開きます プラスアイコンクリックで閉じます マイナスアイコン
外装材(窯業系サイディング)
外壁の汚れの主な原因はホコリ。年に1回は柔らかいブラシなどで水洗いして、美しい外壁を長く保ちましょう。
目地(コーキング含む)
シール目地は、カギ先などを押しつけて切れていないかチェック。年に1回程度の点検で十分です。

外部

外部

築25~30年の外部は…

ドアは本体交換(枠除く)、アルミサッシも本体交換、電動シャッターも交換を行いましょう!

エクステリアリフォームについて >

ご自分でできる外部のお手入れ
クリックで開きます プラスアイコンクリックで閉じます マイナスアイコン
玄関ドア・勝手口ドア
ドア表面の汚れは1ヶ月に1回掃除しましょう。扉の閉まり速度、音、こすれ等は3ヶ月に1回点検・調整しましょう。クローザーが油漏れしてきたら交換時期です。
アルミサッシ・雨戸・シャッター・電動シャッター
レールにたまった砂やホコリは、サッシブラシなどでかき出しながら、1ヶ月に1回掃除機で吸い込みましょう。サッシ・雨戸の開け閉めと鍵のかかり具合は、3ヶ月に1回点検・調整をし、開閉が重くなったら、戸車にシリコンスプレーを塗布しましょう。

室内全般

室内全般

築25~30年の室内は…

クロス貼り替え、室内ドア本体交換フローリング張り替え畳の交換を行いましょう!

内装リフォームについて >

ご自分でできる室内のお手入れ
クリックで開きます プラスアイコンクリックで閉じます マイナスアイコン
クロス
剥がれがあればクロス用ノリを充填し、補修を行ってください。
室内ドア
5年ごとに蝶番の緩み、可動部のシリコンスプレー塗布・建付調整を行ってください。
フローリング
日常はカラ拭き。3~6ヶ月毎にワックス掛けを行いましょう。
ダニカビ防止のため、通気を行いましょう。

白アリは湿気を好むので、換気口の前には物を置かず床下の通気を確保しましょう。

リフォームメニュー

×
閉じる

水廻り

インテリア

外廻り

増改築

外廻りリフォーム商品