まるごとリフォーム新改築
ハレル家

ホーム防水リフォーム>こんな症状ありませんか?

こんな症状ありませんか?

見過ごしがちなこんな症状。お気軽にご相談を。

雨漏りの原因を突き止めたら、既にボロボロ…といったケースも

雨水等を流す、排水ドレン廻りは要注意!

雨水などを逃がす排水口や管をドレンといいます。 この部分が腐食してきたり、膨らんできたら要注意。雨漏りなどの原因になることもあります。 また、雑草などが生えやすく、植物の根が建物を傷つけてしまうこともあります。

排水ドレンのゴミ詰りにより、手遅れになったバルコニー例

雨漏りがするため軒裏を調べてみたところ、梁が腐食してボロボロになっていたという症例です。 こうなってしまうと、雨漏り修理のため大規模な工事が必要となってしまいます。

壁との立ち上がりは要注意!

パラペット(屋上や、ベランダ・橋梁などの端部に設けられた低い手すり壁・人の落下を防ぐ手すり)の立ち上がりや、壁との立ち上りにすき間等ができている場合があります。 その際、パラペットの笠木のすき間や雨仕舞にも確認が必要です。

ベランダ落下事故寸前までいってしまった例

写真は、笠木からの漏水を放置してしまいベランダ落下事故寸前までいってしまった例です。 早めの点検を実施し、早期発見することができれば防げた症例です。

シートの切れ目を発見したら、ご相談を!!

当然のことですが、シート防水の継ぎ目が切れていれば、そこから建物の内部へ水が入ってしまいます。剥がれたり、浮き上がってしまった箇所はありませんか? そのままにしていると、内部で腐食が進行してしまいます。早めの対応が肝心です。

ヒビ、膨らみ、目地の亀裂

程度にもよりますが、ヒビや剥がれ、膨らみ、目地の亀裂なども要注意です。 リフォームのナカヤマでは、プロの目でチェックをする無料点検を受け付けております。費用や相場との比較についても相談承りますので、お気軽にお問合わせ下さい。

既存状態の雨漏りの確認

もっとも確認しやすいのは、既存状態での雨漏りの有無。ただし、室内まで届いていない状態で漏水しているケースもある為、これだけで安心はできません。

ご相談・お見積り無料防水点検・お見積りに関するお問合せ
防水点検・お見積りについてお問い合せをする

リフォームメニュー

×
閉じる

水まわり

インテリア

外廻り

増改築

外廻りリフォーム商品