ホームナカヤマのリフォーム水廻りキッチンリフォームのポイント

お湯は生活も気持ちも温めてくれます。

給湯設備は縁の下の力持ち。普段は気にかけることも少ないかと思いますが、いざ故障してしまうと大変です。お風呂の湯沸かし機能や最新の省エネタイプなど、さまざまな給湯設備が存在します生活が驚くほど便利になることもありますので、暮らしに合わせた選択が肝心です。

給湯器壊れる前に

給湯器の工事期間はどのくらい?商品、サービスの価格相場は?などなど、どんな内容でも構いません。お気軽にお問合せ下さい。

給湯器選びの3ステップ

ステップ1 給湯器の種類を選びましょう

ガス給湯器


一番普及している給湯設備です。近年高高率化が進み、発生する熱を二次利用して節約するエコジョーズタイプが評判です。

一般的な給湯器とecoジョーズの違い

一般的な給湯器とecoジョーズの違い

一般的なガス給湯器よりも高性能な、エコジョーズ。高温の燃焼ガスを再利用することで、一般型よりも13%ガス使用量を減らすことができます。取り替えるだけでCO2排出量を減らすことができる、注目のエコ商品です。

年間2万円以上のガス代節約とCO排出量削減

カーソルをのせると拡大します。

給湯器をよく利用するお宅 約2年

給湯器をあまり利用しないお宅 約4年

で一般給湯器との差額が埋まり、
その後も毎月15%のお得が続きます。

一般的な給湯器とecoジョーズの違い

一般的な給湯器とecoジョーズの違い

一般的なガス給湯器よりも高性能な、エコジョーズ。高温の燃焼ガスを再利用することで、一般型よりも13%ガス使用量を減らすことができます。取り替えるだけでCO2排出量を減らすことができる、注目のエコ商品です。

年間2万円以上のガス代節約とCO排出量削減

給湯器をよく利用するお宅 約2年

給湯器をあまり利用しないお宅 約4年

で一般給湯器との差額が埋まり、
その後も毎月15%のお得が続きます。

石油給湯器


従来の開き扉タイプは奥の物を出す時に手前の物を出して取るという作業が必要ですが、スライドタイプは必要な物をパッと取り出せ、置くまで収納できるのが特徴です。

一般的な給湯器とエコフィールの違い

一般的な給湯器とエコフィールの違い

年間約7.600円以上の灯油代節約とCO排出量削減

年間灯油代が約6万円のご家庭の場合

カーソルをのせると拡大します。
一般的な給湯器とエコフィールの違い

一般的な給湯器とエコフィールの違い

年間約7.600円以上の灯油代節約とCO排出量削減

年間灯油代が約6万円のご家庭の場合

ステップ2 ライフスタイルに合わせた機能の選び

お風呂の追い焚き機能の有無を選択することができます。

ステップ3余裕を持った大きさの給湯器を選びましょう

ガス給湯器の場合

ガス給湯器の能力は、対応できるお湯の量によって16号、20号、24号、28号、32号…と数字が大きくなっていきます。

号とは?…1分間に水温を+25度沸かすことのできるお湯の量
例:20号の給湯器なら、1分間に20リットルのお湯を+25度にできます。

石油給湯器の場合

石油給湯器の能力は1時間あたりの熱量kWまたはkcal/hで表示されます。

■40.7~46.5kwbr
水温の低い冬場でも、シャワーと他の給湯器の同時使用が可能

■36.0~38.4kwbr
一年中快適にシャワーを浴びることができます。春・夏・秋の3シーズンは同時使用も可能

石油給湯器は給湯方式を選べます。

水道直圧式

パイプを巻きつけた缶体を加熱。コイル状に巻いたパイプの中に水を通貨させて瞬間的にお湯にします。

水道の圧力そのままで給湯する
パワフルシャワー
いくら使ってもお湯が絶えることなく
同じ温度でたっぷり使える

貯湯式

貯湯槽内に水を貯め、その貯湯槽を持つ缶体を加熱してお湯にします。

給湯器の缶体内に、お湯を貯めているので短時間ならシャワーを出したりとめたりしても
湯温の変動が少なくお手ごろな価格も魅力です

併せておすすめオール電化

併せておすすめオール電化

ガスや石油を使用している設備を一式電気の設備に切り替えることをオール電化と言います。
安い深夜電力を活用することで、大幅な節約が期待できます。

オール電化 詳細


給湯器壊れる前に

給湯器の工事期間はどのくらい?商品、サービスの価格相場は?などなど、どんな内容でも構いません。お気軽にお問合せ下さい。

リフォームメニュー

×
閉じる

水廻り

インテリア

外廻り

増改築

外廻りリフォーム商品


TOPに戻る
前ページに戻る