まるごとリフォーム新改築
ハレル家

ホームナカヤマのリフォーム二世帯住宅リフォーム二世帯住宅リフォームでのポイント

二世帯住宅リフォーム抑えておきたい二世帯住宅リフォームのポイント

二世帯家族の「希望リフォーム」「くらし方」の優先順位が重要です。

二世帯住宅リフォームは、大規模な工事になることも多く、きちんとしたプランと設計が必要になります。
リフォームのナカヤマでは、住宅リフォームのノウハウと施工実績で、二世帯住宅リフォームもしっかり施工。
親世代から子供世代、そして将来設計と、各希望プランをしっかりと聞き取り、その中でそれぞれの希望に沿ったプランをご提案いたします。
ナカヤマの自社製造、自社施工だから出来る、「トータルリフォーム」。ご両親もご家族も納得いただける施工をお約束いたします。

イメージ

ライフスタイルを考える

二世帯といっても、一概に全てのご家族が同じスタイルとは限りません。
「リビングは一緒がいい」「プライベートはしっかり分けたい」「同じ建物内でも、各部屋は完全に分けたい」など、様々なスタイルがあります。
また、登記や名義、住宅ローンの支払いについての認識も必要となります。
現在、またはこれから、どのようなタイプの二世帯住宅にしていくかを考えていく事が重要となります。

イメージ

二世帯住宅タイプの種類

どのスペースを分離及び共有するのか、どのような空間にするか、ご家族様みんながご納得いただけるまで、しっかりとお話させていただきます。

完全同居型

リビングや玄関、水廻り(キッチン、トイレ、浴室等)といった、生活に必須な設備は共有しますが、各家族のプライベートルーム(寝室等)は別にするタイプの住宅。

親世代、子世代がほぼ一つの家族として生活するため、大家族用のお住まいにリフォームする形になります。
しかし、トイレや洗面など、使用頻度の高い箇所についてはバリアフリーも兼ねて、一つのお住まいに2つ設置するご家族もいます。

メリット
  • 共有するスペースが多いため、完全独立型と比べ工事費全体の費用を抑えることが出来ます。
  • スペース・設備を共有しているので、ある程度の広さの土地であれば、大家族であってもお住まいを広く利用することが出来ます。
  • 大家族の賑やかさや、世代別間の交流が深く取る事が出来ます。
デメリット
  • 普段共有使用しているスペースのため、片方家族の来客等があった場合、もう片方の家族が該当スペースに行くのをためらう場面が出る場合があります。
  • 各家族、生活する時間帯が違うため、共有のスペースでの騒音や利用状況の相違により、片方の家族に迷惑がかかる場面が出る場合があります。

部分共有型

玄関、浴室、リビングといった、おすまいのメインとなる場所を共有する二世帯住宅。

ご家族の状況に応じて様々で、あまり人が混み合わない玄関だけを共有したり、基本的に個人でのみ使用する浴室を共有したり、あらゆるタイプがあります。 キッチン等を別々にして、食事の時間のずれを対応することで、リビングを上手に使うことも可能です。

メリット
  • 親世代、小世代で共有スペースを持ちつつも、お互いプライベートを守ることができ、スペースを広く使用することができます。
  • プライベートで使用するお部屋での騒音などで、別世帯への迷惑を減らすことができます。
デメリット
  • 完全同居型に比べて、スペースや間取り、コストが高くなります。
  • 占有スペースを決める割合が決まっているため、完全同居型に比べて各世帯のライフスタイルを認識しつつどのようにリフォームをするかを話し合う事が必要になります。

完全分離型

一つの住宅を完全に分けて使用します。1階2階で分けたり、左右で分けたりと、住宅の形に合わせて分け方が換わってきます。その他、二つの住宅を使用し、道路や庭、通路などで繋いだ二世帯住宅も存在します。

世帯がほぼ分かれているため、基本的にコンタクトを取ることなく生活することも可能です。

メリット
  • 各世帯で、別々のライフスタイルを通すことができ、プライバシーも完全に守れます。
  • 生活時間などに弊害がなく、別世帯への迷惑をほぼなくすことができます。
  • ローンや税制などで優遇措置を得ることが可能です。
デメリット
  • 二世帯が一つの住宅に入るため、部屋数も多くなり、総コストもかかることになります。
  • 土地面積が限定されるため、思い通りの間取り設計が難しくなり、リフォーム時の妥協点が多くなることがあります。

二世帯住宅のタイプのメリット、デメリットもあるため、現在すでに二世帯住宅の方や、将来の二世帯住宅を見据えた方も、これらを意識しつつ、失敗ないリフォームプランを共に作っていきましょう。

大家族だからこそ、「思いやり」と「助け合い」がしやすい家づくり

一つの住宅に大家族がくらすため、ストレスのない快適な生活を送れるような設計を実現します。
共同スペースは、皆で集える場所として気兼ねなく使用できる空間を設計。
プライベートルームは、各自自分の時間を利用できる、癒しのスペースを作ります。
また、共同生活には欠かせない家事や育児の負担を一人一人軽減できるよう、家族みんなで助け合える家づくりを目指しております。

その中で、ご両親やご家族の配慮を考えるなど、時としてお互いの思いやりも必要になります。
その思いやりは、ゆとりある空間であればそれだけ人に思いやれる気持ちを大きくなります。
ご家族みんなが助け合い、笑顔の絶えないくらしができるリフォームを、わたしたちナカヤマが実現します。

イメージ
ご相談・お見積り無料二世帯住宅リフォームに関するお問合せ
二世帯住宅リフォームについてお問い合せをする

リフォームメニュー

×
閉じる

水まわり

インテリア

外廻り

増改築

外廻りリフォーム商品